non
絵画 中村次雄 ----------なかむら・つぐお[b.1937-]
千葉県出身。学生時代、光風会の西山真一を紹介され師事する。大きな表現の中に細かさを感じさせる勢いのある作風に共感したという。東京学芸大学美術科を卒業後、同大附属中学で教師を勤めつつ制作を続け、26歳のとき《入江》で日展に初入選を果たした。
  • nakamuratuguo_01.jpg
初期の頃から浜辺や港といった水がからむ風景をモチーフとして取り組み、さらに事物の色が空の色で変わることから、水と空の描出に心をそそぐようにしていると言う。掲載の作品は、北フランスのドアールヌネで最初に目にした風景の感動を、一切の迷いなく、4時間で描き上げたもの。ヨーロッパへ制作のための取材は、すでに20回を越えた。[TH]

図版=《トレブール遠望》1990 第1回六窓会出品
町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non