non
彫刻 高橋枡旺 ----------たかはし・ますお[b.1948-]
48年盛岡市に生まれる。71年和光大学芸術学科卒業。同大学で舟越保武、吉田芳夫より師授。72年新制作協会展初入選。77年、81年新制作協会展にて新作家賞受賞。82年新制作協会会員に推挙される。
  • takahashimasuo-01.jpg
95年町田在住彫刻家展(町田市立国際版画美術館)出展。 当初抽象作品を制作していたが、82年頃から人物の具象作品を制作するようになった。今後も一貫して具象作品を制作するが、モデルの描写ではなく、合った人、見た人の内面的なイメージを自身で具象化することで作品を成立させる。作品の多くは素朴で暖かさを感じさせる人物像である。人物像の表情はどこか作家にも似て見える。作品を展覧会に出品するのは完成後時間を経てからの場合が多い。十分に納得ができてからと作家は語る。[AK]

個展情報
  • 高橋枡旺彫刻展 2010年10月6日-10月12日 ギャラリー銀座アルトン
    AM11:00-PM6:00, 土・日・祝AM11:00-PM5:00


図版=《ほしの歌》2005年 第69回新制作展出品
町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non