non
立体 丸茂万紀子 ----------まるも・まきこ
現展(現代美術家協会)会員。草木会会員。日本テキスタイル協会会員。98年、ニューヨーク国連本部にて展覧会を開催。2000年、現展安田火災美術財団奨励賞受賞。女子美術大学卒業後、染色の世界に入る。
  • marumomakiko-01.jpg
当初は化学染料しか知らなかったが、海外で学ぶうちに違和感を覚え、模索するなか、日本古来の染色技術に出会う。先人の知恵が現代に至るまで引き継がれ、磨かれた技術に惹かれていった。近年は、草木染めの作家の集まりである「草木会」において研鑽している。樹皮や木の実、根、枝葉、花といった自然の生命から、さまざまな色を見つけ出してきた伝統の知恵と技に、制作をするたびに、新鮮な驚きと感動を覚えているという。 シルク、木綿、麻、芭蕉布、藤つるなどあらゆる繊維を染めているが、時には、コウゾから染めて漉いた和紙を作品に用いることもある。日本の伝統ある作業と色彩、〈天然の素材〉に〈天然の色〉を染めることをこだわりとして、今後も意欲的に創作活動を続けていきたいと語る。 [ST]

図版=《時を渡る前に》
町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non