non
絵画 佐々木曜 ----------ささき・よう[b.1941-]
東京生まれ。本名曜(ひかり)。日展会員。1963年武蔵工業大学卒業。68年から77年、山田申吾に師事。78年から髙山辰雄に師事した。日展には69年に初入選。93年、98年に特選。03年に会員となる。
  • sasakiyou_01.jpg
  • sasakiyou_02.jpg
市内の丘陵地にあるアトリエは静けさに包まれている。画家は日展への出品以外にも、ほとんど毎年個展を開催、勢力的である。独学ではじめた絵画の道を歩む上で、二人の師の制作への姿勢を大切にしている。それは画家が日本画の特質のひとつに「細やかな表現」を心がけていることからも察せられる。 08年の日展出品作《黄葉》は、モミジを描いている。普通なら紅葉と葉の形を描くだろうが、画家は黄という発色が難しい絵具と格闘、点描を思わせる筆致が奥行きと静かな情景を生み出している。見る者は、画面から細やかな感性と強靭な意志を感じるだろう。 群馬県渋川市の伊香保保科美術館には佐々木曜の作品が常設展示されている。

図版上=《桜》2006 (第38回日展出品)
図版下=《黄葉》2008(第40回日展出品)
主な文献=『時をこえて 佐々木曜展図録』1996 髙島屋美術部
     『ざわめき 佐々木曜展図録』2000  髙島屋美術部
     『さすらい 佐々木曜展図録』2006  髙島屋美術部
町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non