non
版画 畦地梅太郎 ----------あぜち・うめたろう[b.1902-1999]
愛媛県生まれ。日本近代版画史必ず登場する巨匠。版との出会いは、1926年に入局した内閣印刷局活版部だろう。そこで鉛版画を手掛けた。27年には宇和島風景の鉛版画で日本捜索版画協会展に入選した。
木版画の指導は平塚運一や前川千帆に受け、恩地孝四郎からも影響を受けた。春陽会、国画会を発表の場とし、32年日本版画協会の会員となった。 初期のモチーフは関東大震災から復興した東京の町だったりしたが、やがて山岳風景を主とするようになった。簡潔なフォルムで切り取られる山やユーモラスな人物が登場、自ら山男であった作家ならではの世界が広がっていった。 サンパウロ・ビエンナーレをはじめ、戦後間もない国際展にもたびたび出品し、評価を得た。

おもな文献=《畦地梅太郎全版画集》町田市立国際版画美術館・南海放送畦地梅太郎記念美術館 1991
町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non