non
彫刻 井上武吉 ----------いのうえ・ぶきち[b.1930-1997]
市内、芹ヶ谷公園に降りていく道に、お出迎えをしているように鎮座しているステンレスの球体《my sky hole》の作者。奈良県に生まれる。武蔵野美術学校に学び、1951年自由美術家協会展に入選、55年会員となる。
初期は鉄、アルミ、真鍮といった素材による彫刻作品をてがけた。69年から武蔵野美術大学で指導にあたる。《my sky hole》、「天をのぞく穴」は79年頃からのシリーズ作品で、国内のパブリックスペースに多く設置されている。 空間設計やモニュメントの仕事も多く、主な作品に、箱根彫刻の森美術館の設計、靖国神社の《慰霊の泉--無名戦士のための記念碑》、伊豆の池田20世紀美術館の設計などがある。

おもな文献=《井上武吉新作展図録》東京都美術館 1985
町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non