non
絵画 上條美代子 ----------かみじょう・みよこ[b.1935-]
長野県塩尻市生まれ。1960年頃、上京間もなく町田市に居を構え、約半世紀にわたって保健所や市役所の職員として、また介護のケアマネージャーとして町田市民の健康を支えてきた。そんな彼女のもう一つの顔が〈油絵画家〉だ。現在は現代童画会会員。同会展には20年以上、また近年は越後湯沢全国童画展にも出展を続けている。
  • kamijyomiyoko-01.jpg
80年頃、町田市役所の愛好会〈美術グループ〉に入会、三吉達(みよし・さとる)氏に絵の手ほどきを受ける。以来30年近く、油絵ひとすじに描き続け、仕上げた作品はすでに100点以上。ここ10年ほどは5人の孫たちをモデルに、成長して行く少年少女の折おりの表情と輝きを表現した作品が多い。また今後は「花や植物、ふと町で会う女性たちも描きたい」と意欲満々。目標は、73歳で絵筆を握り103歳で個展を開いた「後藤はつの」さん。だから70歳を越えた自分を「まだまだ生まれたばかり」と見立て「これからじっくりと油絵に向き合って行きたい」と、にこやかに語る。[SN]

図版=《猪が舞う》油彩 162×130cm 2007年現代童画会展出品
町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non