non
絵画 井上雅之 ----------いのうえ・まさゆき[b.1951-]
inouemasayuki-00.jpg 福井県生まれ。1988年より町田市在住。78年、多摩美術大学絵画科油画専攻卒業。80年、アートスチューデンツリーグ(ニューヨーク)に学ぶ。ここ20数年は和紙の一種である雁皮紙を用いた平面作品に取り組んでいる。

  • inouemasayuki-01.jpg 1
  • inouemasayuki-02.jpg 2
その抽象的な画面には必ずといっていいほど「線」が登場する。自分にとって「線」とは何かを常に問いかけている。思えば高校時代からベン・ニコルソンやジャコメッティの作品のなかの線的表現に惹かれていたという。2010年秋に開催された個展では、04年より開始された〈See through(透過考)〉シリーズの大作を発表。「自分をさらけ出すことによって、宇宙や天空から飛び込んで来る光----それが自身のリアリティーにつながってくる」と画家は語る。着彩した雁皮紙を幾重にも貼り重ね、さらにその上に細く切った雁皮紙をコラージュしたものだ。雁皮紙のもつ独特の風合いと透明感とが相まって、不思議な空気感が会場全体を包み込む。リアリティーと幽玄性という二律背反を同一俎上に獲得することができればと考えている。今後はより大きな作品に挑戦したいという。[IC]

図版1=《See through(透過考)-32.2007》パネルに雁皮紙によるコラージュ 80×174cm 2007
図版2=《See through(透過考)-57.2010 MIZUKAGAMI》パネルに雁皮紙によるコラージュ 65×130cm 2010
2点とも撮影 =末正真礼生

作家ホームページ=http://i-m-g819.jp/
町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non