non
絵画 池田雅文 ----------いけだ・まさふみ[b.1956-]
ikedamasafumi-00.jpg 町田市で生まれ育つ。1982年、東京芸術大学美術学部油画卒業。84年同大学院を卒業、同大学博士課程へ進む。創作活動の傍ら花火店を営んでいる。アトリエは店の2階にある。陽射しの入る明るい室内には、描きかけのキャンバスが何枚も壁に立て掛けてある。

  • ikedamasafumi-01.jpg 1
  • ikedamasafumi-02.jpg 2
画家は、自宅から5km四方の範囲を散歩することを日課とする。始めてかれこれ30年になる。都心に比べると、まだ自然が残っている地域である。とくにこれといった目的もなく、川や橋、樹木、雲の流れなどを眺めながら歩く。画家はその行為を「風景を体に染み込ませる」または「纏(まと)う」と言い表わす。そしてアトリエに戻り、キャンバスに向う。すると、それほど意識されなかった景色がぼんやり浮かんだりするという。それは抽象的な色であったり、具体的なものであったりとさまざまで、その映像を筆と絵具でキャンバスに置いてゆく。描きかけのキャンバスのなかの、どのキャンバスのどの部分に色を置くかは、そのときの気分次第だ。日記を書くような作業は、これからも変わりなく淡々と続きそうだ。[IC]

図版2点とも=無題 カンヴァス、ミックストメディア(アクリル絵具、墨、胡粉) 91×117cm 2010-11
主な文献=『形をめぐる165のレッスン』 京都造形芸術大学通信教育部刊
町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non