non
彫刻・写真 小林且典 ----------こばやし・かつのり[b.1961-]
兵庫県生まれ。1987年、東京芸術大学美術学部彫刻科卒業。89年、同大学院修了。同年イタリア政府給費留学生としてミラノ国立ブレラ美術学院に入学。95年に帰国。町田市には95年から在住。
  • kobayashikatsunori-01.jpg 1
  • kobayashikatsunori-02.jpg 2
壜や水差しなどをモチーフにしたブロンズ彫刻と、それらを空間に配した写真作品を発表している。はじめはブロンズ彫刻のみをつくっていたが、2000年頃から自作のレンズを使った写真での発表が加わる。写真を始めたのは、彫刻を自分の演出した空間で見て欲しいという思いから。彫刻と写真、双方のバランスを取りながら制作を続ける。蝋による原型制作から鋳造まで、さらに撮影からプリントまでの工程を自らの手で行う。住居を兼ねた建物の1階フロアーを占めるアトリエには、それらすべての作業に対応できる設備が整っている。
作品は、静謐な作風で知られるジョルジョ・モランディの静物画を彷彿とさせる。モランディの作品はイタリアにいるときにまとまって観る機会があって、そのころから意識するようになったという。「作品だけでなく、彼のもののつくり方や、ものを観察する姿勢にも惹かれます」。
2010年にはフィンランドのフィスカルス村に滞在し、木彫での作品を制作。ブロンズとはまたひと味違う雰囲気が感じられて興味深い。

図版1=〈静物のシリーズ〉より ブロンズ作品 H20cm~4cm
図版2=〈静物のシリーズ〉より 写真作品(ゼラチンシルバープリント)

個展情報:

作家ホームページ:http://studiokobayashi.com/
町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non