non
絵画 吉光健大 ----------よしみつ・たけひろ[b.1978-]
yoshimitsutakehiro-00.jpg 神奈川県生まれ。2004年より町田市在住。02年、武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。04年の個展から、金魚をモチーフとした作品の発表を始める。以降、香港、上海などでも展示の機会を得る。体調を崩し、数年間制作のブランクがあったが、生きた金魚とアート作品を同時に展示するイヴェント「アートアクアリウム2013」への出品を機に、再び新作に挑む。
  • yoshimitsutakehiro-01.jpg 1
  • yoshimitsutakehiro-02.jpg 2
赤、あるいは白のフラットな色面に、金魚の模様がくっきりと浮かび上がる。表面に独特なテクスチュアが施されている作品もある。リアルに描かれた目玉が、画面全体を引き締めている。描くきっかけとなったのは、図鑑で金魚を見た時、その赤い模様から血を連想したこと。さらに制作を進めるうちに、その「かけら」のようなかたちの存在が、戦争や暴力、人類の血塗られた歴史へとイメージが連鎖していったという。「意味付けられるものと意味付けられないものの狭間で揺れる感覚を表現しようとすると、このようなかたちになるのです」と作者は語る。作品は社会の縮図であると同時に、自画像でもある。
「かけら」はときに、世界地図のようにも見える。「今後は、大きな画面にも挑戦したいですね」と、抱負を語ってくれた。[IC]

図版1=島・ジキン アクリル、綿化繊混紡布 24.2×33.3cm 2013
図版2=昴・ジキン アクリル、キャンバス 19×27.3cm 2014
町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non