non
彫刻 舟越保武 ----------ふなこし・やすたけ[b.1912-d.2002]
岩手県生まれ。戦後の彫刻界で活躍した作家。ロダンに感銘を受け、彫刻を志す。1939年、東京美術学校を卒業。佐藤忠良とともに新制作派協会彫刻部を設立する。50年、生まれてまもない長男の死に直面し、カソリックの洗礼を受ける。石彫を得意とし、温かい作風が持ち味。67年から80年、東京芸術大学の教授を務める。和光大学創立時の芸術学科教授も務めた。代表作の《長崎26殉教者記念像》(61年)は、周到な時代考証もって制作にあたり、日本のパブリックアートの記念碑的作品として知られる。
  • funakoshiyasutake-01.jpg
町田中央図書館入口に立つ《笛吹き少年》(90年)は、西洋彫刻の神話的なモチーフのひとつで、古代ギリシャの羊飼いの笛でもある。舟越はこの頃、脳こうそくのリハビリを経て制作活動を行なっていたが、本作はそれ以前に制作された作品から型をとり、鋳造されたものと思われる。[IC]

図版=笛吹き少年 ブロンズ 1990









町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non