non
絵画 原游 ----------はら・ゆう[b.1976-]
harayuu-00.jpg 東京都生まれ。1999年、東京造形大学卒業。2002年、東京芸術大学大学院修了。LA GALERIE DES NAKAMURA(東京)、NODA CONTEMPORARY(愛知)、奈義町現代美術館(岡山)などで個展を開催。生まれも育ちも町田市で、現在は市内にアトリエをもつ。

  • harayuu-01.jpg 1
  • harayuu-02.jpg 2
「写す(=描き写す)」と「映る(反射する)」の二つが、制作の大きなテーマとなっている。代表作「飛ぶ教室」シリーズの一つ「耳から生まれた」(図版1)は、雑誌やチラシなどの印刷物からトレースした日用品の集積によって、子供の姿が形づくられている。白地の画面に配されたパーツは、目を離した隙に動きだし、他の形に変貌するような危うさを秘めている。「俯瞰してみると世界はさまざまな意味を持つレイヤーが重なったり離れたりを繰り返す状態にある」と作者は語る。
「顔」シリーズの「泉(ネコ)」「泉(女の子)」(図版2)では、キャンバスを顔に見立て、貼られた綿布を木枠からはみ出させることで、猫耳や髪の毛に変容させている。そこには、絵画のもつ固定概念から抜け出そうとする柔軟な姿勢が垣間見える。これらは2点を組み合わせた作品で、猫と少女が見つめ合い、よく見ると双方の瞳の中にお互いの姿が映り込んでいることがわかる。さらに、画面を満たす水の存在も「反射するもの」の象徴として重要な役割を果たしている。[IC]

図版1=耳から生まれた キャンバスに油彩 130.3×97cm 2011
図版2=左:泉(ネコ) キャンバスに油彩 80.3×80.3cm 2010
               右:泉(女の子)キャンバスに油彩 33.3×33.3cm 2010

参考文献=『匂いをかがれる かぐや姫 : 日本昔話Remix』 2006 マガジンハウス
                    文:原倫太郎 絵:原游
ポートレート撮影=須崎隆善
町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non