non
絵画 原游 ----------はら・ゆう[b.1976-]
harayuu-00.jpg 東京都生まれ。1999年、東京造形大学卒業。2002年、東京芸術大学大学院修了。LA GALERIE DES NAKAMURA(東京)、NODA CONTEMPORARY(愛知)、奈義町現代美術館(岡山)などで個展を開催。生まれも育ちも町田市で、現在は市内にアトリエをもつ。

non
彫刻 舟越保武 ----------ふなこし・やすたけ[b.1912-d.2002]
岩手県生まれ。戦後の彫刻界で活躍した作家。ロダンに感銘を受け、彫刻を志す。1939年、東京美術学校を卒業。佐藤忠良とともに新制作派協会彫刻部を設立する。50年、生まれてまもない長男の死に直面し、カソリックの洗礼を受ける。石彫を得意とし、温かい作風が持ち味。67年から80年、東京芸術大学の教授を務める。和光大学創立時の芸術学科教授も務めた。代表作の《長崎26殉教者記念像》(61年)は、周到な時代考証もって制作にあたり、日本のパブリックアートの記念碑的作品として知られる。
non
写真 ほりけいし(堀啓至) ----------ほり・けいし[b.1961-]
horikeishi-00.jpg 東京都生まれ。1986年、東京造形大学卒業。2002年より町田市在住。15年、同地に絵画教室「アトリエ・シルバーパレット」を開設。
大学では絵画を専攻し、卒業後しばらくは絵画を制作していたが、試行錯誤を繰り返すなかでフィルム媒体に出会い、次第にその素材やプロセスを含めた「写真」の世界に惹かれるようになっていった。90年頃より、写真、8ミリフィルムによる作品をつくり始める。

non
絵画 平島克子 ----------ひらしま・かつこ[b.1940-]
hirashimakatsuko-00.jpg 神戸市に生まれる。1964年、早稲田大学卒業。70年より町田市在住。小学校5年生で油絵を描き始め、その頃読んだ子ども向けの『三国志物語』に夢中になり、いつか中国へ行って現地の絵を描く決意をする。しかし、家庭の事情から美大への進学を断念。大学では、地理・歴史を専攻。

non
版画 平川幸栄 ----------ひらかわ・さちえ[b.1979-]
hirakawasachie-00.jpg 高ヶ坂在住。愛媛県生まれ。2004年東京造形大学絵画科版表現卒業。10年に町田市内に版画工房カワラボ!を河原正弘と共同で設立した。アーティストとの共同制作と版画出版、次世代の育成(研究生制度・各種版画講座)、アーティストへの制作支援設備の提供など開かれた総合版画工房を目指している。
non
絵画 藤村孝裕 ----------ふじむら・たかひろ[b.1949-]
fujimura-00.jpg 東京都目黒区出身。高ケ坂在住。1949年生。中央大学商学部卒業後損害保険会社に勤務し77年から小島福次氏のアトリエで油絵を学ぶ。以降退職し、デザインの仕事をしながら画家を志す。85年、87年にセントラル油絵大賞展(第3回、第4回)に入選。90年に春陽会展初入選(以後ほぼ毎年出品)、94年春陽会会友。96年春陽会奨励賞受賞。

non
陶によるオブジェ 藤井志帆 ----------ふじい・しほ[b.1972-]
千葉県生まれ。1995年、大阪芸術大学舞台芸術学科照明コース卒業。2002年、多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻陶芸専修修了。2007年より町田市在住。 大学卒業後、照明デザイン事務所で働きながら趣味で陶芸教室に通い、その魅力に引き寄せられる。その後、大学院で本格的に陶芸を学ぶ。初期には、置かれる空間に見合った有機的なフォルムの立体作品を制作。2006年のグループ展を機に、抽象から具象的なかたちへと変わる。

non
絵画 橋本洋子 ----------はしもと・ひろこ[b.1925-]
hashimotohiroko-00.jpg 東京都出身。共立女子専門学校卒。同校の課外活動で初めて日本画を学んだ。さらに同校の大久保作次郎から油絵の指導を受け卒業後まで続いた。その後、光風会会員の柳瀬俊雄と出会い、約5年間指導を受けた。この間、徹底的にデッサンを学び今日の画風の基礎を形成した。また同時期に日展、光風会展に入選している。

non
工芸 堀口泰三郎 ----------ほりぐち・たいさぶろう[b.1934-]
horiguchitaisaburo-00.jpg 東京浅草に生まれる。1959年早稲田大学英文科卒業。63年武蔵野美術大学卒業。74年光風会会員となる。その後、82年に光風会展審査員となり、93年に同展で杉浦非水賞を受賞。2004年同会理事となる。

non
絵画 畑中優 ----------はたなか・ゆう[b.1950-]
hatanaka-00.jpg 岐阜県生まれ。新潟大学美術科卒業。東京藝術大学大学院修了。1977年に初個展。ここ数年は銀座ゆう画廊で毎年個展を開催。行動美術協会会員。大学で美学・美術史を専攻した畑中が、本格的に絵を描き始めたのは大学院を出てからのこと。一貫して老人をテーマとした絵画を制作している。

non
絵画 八田敏郎 ----------はった・としろう[b.1942-]
1942年石川県生まれ。08年、日本表象美術協会理事長に就任。
09年1月現在、上野の都美術館で小品展「ほっぷ・すてっぷ展」が開催され、画家はにこやかに会場に佇んでいた。その数日前には町田市内のカフェテラス.エリカ にて氏のアトリエの小品展を主宰しており、忙しい日々を送っているようだ。
non
絵画・造形 平野杏子 ----------ひらの・きょうこ[b.1930-]
市内芹ガ谷公園内の立体作品《トキオコシ》(1990)の作者。神奈川県生まれ。51年、現在の共立女子大学を卒業後、中学の教員を勤めながら、旺玄会に出品(54年まで)。56年頃から、仏教に関心をもち作風も具象から抽象へと移行する。
non
絵画 蕗谷虹児 ----------ふきや・こうじ [b.1898-1979]
新潟県出身。町田市には晩年の一時期住んだ。少年時代から記者であった父の影響から文と画に才能はみせていた。15歳のとき尾竹竹波の門下生となるが、情事がらみで逃亡、サハリンで放浪画家生活等をおくった。
non
絵画 藤間稔久 ----------ふじま・としひさ[b.1953-]
東京都出身。示現会会員。幼少時から絵を描くのは好きだった。当初はイラストレーターを目指していたが、しだいに油絵の魅力に惹かれていき絵画芸術の追求へと向かう。会社勤めを続けながら、「純粋に無心に描く」ことを常に意識して、20年来制作を続けてきた。
non
絵画 広田圭子 ----------ひろた・けいこ[b.1937-]
hirotakeiko-00.jpg 大分県臼杵市出身。現在、神奈川美術協会事務局長、郡炎美術協会会員。町田市美術協会会員(理事)、同会には、10年間連続して出品し銀メダルを、20年連続出品で金メダルを授与された。学業を終え八幡製鉄所に入社、絵画は村田東作、島崎増雄の指導を受けた。
non
絵画 林正子 ----------はやし・まさこ[b.1936-]
福岡県出身。80年代から町田市美術協会の役員や「市展」での数々の受賞歴をもって、市の美術普及活動に深く貢献している。現在は町田市美術協会常任顧問を務めている。幼い時から人の似顔絵などを描き、水墨や水彩画を手掛けていた。
non
絵画 林家隆 ----------はやし・いえたか[b.1933-]
福岡県出身。父が南画家であったため、美術が身近にある環境でそだった。しかし戦時中という時局柄、絵をこころざす道はなく、日立製作所に勤務をする。戦後、社内では輸出業務に関わり、その縁で、海外駐在体験がながく、とくにニューヨークでの4年間は、美術館巡りや作家との交流をもち有意義に過ごした。
町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non