non
平面・インスタレーション 三木祥子 ----------みき・しょうこ
mikishoko-00.jpg 札幌生まれ。1995年より町田市在住。北里大学卒業後、武蔵野美術短期大学で学ぶ。90年代後半より、環境に配慮した自然の素材を用いた「環境アート」作品を発表している。

non
版画 三澤喜美子 ----------みさわ・きみこ[b.1943-]
misawakimiko-00.jpg 東京生まれ。1971年より町田市在住。89-92年、町田市国際版画美術館にて詩画集講座を受講、小林基輝に版画と製本の手ほどきを受ける。94年、同館にて木口木版を習う。96年より、リトグラフと木口木版による個展を開催。学術書の装画多数。

non
彫刻 宮澤光造 ----------みやざわ・こうぞう[b.1958-]
miyazawakozo-00.jpg 東京生まれ。1987年、東京造形大学彫刻科研究室修了。83年より二科展出品。 主に御影石を素材にした彫刻をつくり続ける。現在、尚美学園大学教授。

non
彫刻 松田重仁 ----------まつだ・しげひと[b.1959-]
matsudashigehito-00.jpg 山形県に生まれる。1984年、多摩美術大学大学院修了。80年より二科展出品(2013年まで出品)。ファーレ立川、代官山アドレスなどの屋外の彫刻のほか、ホテルや病院など屋内のパブリックアートも数多く手がける。
non
彫刻 前田忠一 ----------まえだ・ただかず[b.1954-]
maedatadakazu-00.jpg 1954年熊本県玉名市に生まれる。78年多摩美術大学彫刻科卒業。86年現代美術選抜展(文化庁主催)。88年ユーゴスラビア国際彫刻家シンポジウム参加作品制作。96年熊本県玉名市桃田運動公園に国体モニュメント《翔》・《駆》・《遊》を設置。97年トルコ国際彫刻家シンポジウム参加作品制作。二科会会員。玉川学園在住。

non
彫刻 宮沢泉 ----------みやざわ・いずみ[b.1955-]
miyazawaizumi-00.jpg 1955年東京生まれ。82年多摩美術大学大学院美術研究科修了。84年相模原野外彫刻展出品。89年インド・日本彫刻キャンプ(インド・バローダ)。97年「奥野健男と多摩美の作家達」展。2003年から11年「雨引の里と彫刻」展。05年ラトビア国際彫刻シンポジウム(ラトビア・リガ)、90年リンダブルン彫刻シンポジウム(オ-ストリア)などの海外での彫刻シンポジウムに参加している。国内では、92年ぎゃらりいセンターポイント個展、98年創ることへの視線=vo.15(ギャラリー21+葉アネックス)、01年ギャラリー山口個展(いすれも東京)など。

non
立体 松﨑昭彦 ----------まつざき・あきひこ[b.1953-]
matsuzakiakihiko-00.jpg 千葉県生まれ。1977年、東京造形大学彫刻専攻卒業。80年、同大研究室修了。町田市の住宅地にあるアトリエは、元精密機械工場だった天井高のあるスペース。78年の初個展では、床にカラーテープを張り巡らし、その上を音に合わせて複数の人が移動するという、時間の経過を介在した作品を発表。以後は、硬くて軟らかいものに対する興味から、鉛の素材を中心として、彫刻の表面性を追究した作品を展開する。97年からは、素材を鉛から錫に変え、現在に至る。

non
漫画 みつはしちかこ ----------みつはし・ちかこ[b.1941-]
茨城県生まれ。東京都立武蔵丘高校卒業後、アニメーターとして働く。1962年、少女雑誌『美しい十代』に4コマ漫画『小さな恋のものがたり』の連載を始める。背の低い女の子チッチと背が高くてハンサムなサリーとの淡い恋物語は、人気を博し、以降ロングセラーとなる。77年、同作で第6回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。また80~2002年まで朝日新聞朝刊に明るい主婦が主人公の『ハーイあっこです』を連載。現在、玉川学園地区には同キャラクターを描いたバスが運行している。

non
絵画 松井通央 ----------まつい・みちお[b.1949-]
matsuimichio-00.jpg 福岡県豊前市出身。19歳のときから藤田吉香に師事した。1975年東京芸術大学大学油画科卒。大学では大沼映夫に師事した。81、83年セントラル油絵大賞展入選。88年みゆき画廊個展。96年渋谷西武個展。2003年独立美術協会会員、現在にいたる。同年文化庁現代美術選抜展。06年画廊るたん個展。04、11年光画廊個展。

non
版画 南正雄 ----------みなみ・まさお[b.1935-]
minamimasao-00.jpg 東京都生まれ。1959年、中央大学法学部卒業。銀行に勤務しながら絵の勉強をする。67年、日本デザインセンターにイラストレーターとして入社。74年、独立し赤坂にスタジオを設立。81年、神奈川の作家版画展に初出品。86年、自宅に版画工房を開設する。

non
絵画 三浦智子 ----------みうら・ともこ
miuratomoko-00.jpg 1963年、東京芸術大学美術学部専攻科終了。大学では林武に師事。63年から65年までイタリア留学、ローマ美術学校ジェンティリーニ教室で学ぶ。66年から67年、アメリカ滞在。62年独立選抜第2回展出品および独立美術協会展入選(旧姓鶴田で出品)。68年、69年と75年から2001年まで女流画家協会展出展。99年立軌展に招待出品のち、01年立軌展同人となる。81年から現在まで銀座のサエグサ画廊やみゆき画廊にて個展を開催している。市内鶴川に在住。

non
彫刻 諸熊仁志 ----------もろくま・ひとし[b.1971-]
morokuma-00.jpg 宮崎県生まれ。1996年、多摩美術大学美術学部彫刻科卒業。98年、同大大学院修了。町田市在住は20年以上になる。ブロンズ鋳造による彫刻を制作。2007年春、現在の地にアトリエを建てる。市内でも里山の風情を色濃く残す場所は、土と火を使う鋳造の作業にはうってつけの環境である。

non
立体・平面 三輪美奈子 ----------みわ・みなこ[b.1947-]
岩手県生まれ。1975年より立体、平面作品を発表する。初期より一貫して、かたちが持つエネルギーやあやしさに興味を抱きつつ制作を続ける。また、ダンサーや音楽家たちとのコラボレーションも積極的に行なう。他のジャンルが介入することで空間が変わってゆく瞬間に立ち会えることが魅力であるという。

non
オブジェ 松本秋則 ----------まつもと・あきのり[b.1951-]
matsumotoakinori-00.jpg 埼玉県生まれ。2004年より町田市在住。高校卒業後、務めた会社の美術サークルで油絵のおもしろさを知り、画家を志し退社。しかしその後、絵はいっさい描かず、ビデオアートに取り組んだり、さまざまな表現方法を模索する。

non
絵画 松永健吾 ----------まつなが・けんご[b.1954-]
佐賀県出身。現在国画会会員。母親・祖母の影響もあり幼稚園の頃から絵を習っていた。しかし、幼くして父母を亡くし、悲しい日々がはじまる。中学3年の時に50号の油絵を佐賀県の県展に応募し落選するが(この作品をは後に二科展に入選)。
non
絵画 松本満夫 ----------まつもと・みつお [b.1922-2002]
本名松元光雄。北海道出身。野付牛(現北見市)旧制中学在学中から独学で絵画に取り組んだ。戦時下では聖戦美術展に従軍看護婦を描き入選した。軍隊の体験としては、幹部候補生として沖縄戦線に送られたが、その後シベリアに転戦、
non
絵画 間中敏子 ----------まなか・としこ
manakatoshiko_00.jpgのサムネール画像 荻太郎に師事。67年女流画家協会展初入選し、80年同協会会員に推挙。 68年新制作協会展に初入選し、82年に同会新作家賞を受賞し、04年同会員に推挙される。 具象と抽象の中間点にずっとテーマを置いて制作活動を継続している。
non
絵画 宮井公義 ----------みやいまさよし [b.1935-]
miyaimasayoshi_00.jpg 武蔵野美術大学武蔵野美術学園校友会会長。兵庫県に生まれる。03年町田市美展で市長賞受賞。今から40年ほど前、初めてオーストラリアに行き、景色の美しさとそこに住む人々に心を寄せられる。89年から拠点をオーストラリアにも置き、
non
絵画 みわはるき ----------みわ・はるき[b.1947-]
北海道生まれ。1972年東京藝術大学美術学部絵画科卒業。野見山暁治に学ぶ。初期から、油彩やアクリルといった素材にこだわらず、パフォーマンスにも取り組みつつ、平面や立体作品を展開してきた。
non
絵画・造形 三橋國民 ----------みつはし・くにたみ[b.1920-]
日展、光風会で活躍。市の歴史にも深い造詣があり、町田市民美術展をはじめ、講演活動を含め、多くの美術家の指導にあたってきた。太平洋戦争中参戦したニューギニア戦線で所属部隊は全滅、40名中2名の生き残りとなり重傷を負いつつも生還。
non
立体 丸茂万紀子 ----------まるも・まきこ
現展(現代美術家協会)会員。草木会会員。日本テキスタイル協会会員。98年、ニューヨーク国連本部にて展覧会を開催。2000年、現展安田火災美術財団奨励賞受賞。女子美術大学卒業後、染色の世界に入る。
non
絵画 宮北千織 ----------みやきた・ちおり[b.1967-]
幼少の頃より絵がすきだったが、大学への進路に悩んでいた時、母の「あなたは絵でしょ」の一言で進むべき路を決めた。92年に東京藝術大学美術学部日本画科を卒業、在学中は平山郁夫、福井爽人の教室に学んだ。
町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non