non
コンセプチュアルアート 安田早苗 ----------やすだ・さなえ [b.1968-]
yasudasanae-00.jpg 滋賀県生まれ。1990年滋賀大学教育学部美術科研究室卒業。卒業後2年間ほど中学の美術教師を務める。92年より1年間マドリードのシルクロ・デ・ベラス・アルテスに学ぶ。帰国後高等学校で非常勤講師をしながら、発表活動を行なう。90年代は造形作品が中心で、公募展に出品することが多かった。

non
絵画 吉光健大 ----------よしみつ・たけひろ[b.1978-]
yoshimitsutakehiro-00.jpg 神奈川県生まれ。2004年より町田市在住。02年、武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。04年の個展から、金魚をモチーフとした作品の発表を始める。以降、香港、上海などでも展示の機会を得る。体調を崩し、数年間制作のブランクがあったが、生きた金魚とアート作品を同時に展示するイヴェント「アートアクアリウム2013」への出品を機に、再び新作に挑む。
non
立体 山田恵子 ----------やまだ・けいこ
yamadakeiko-00.jpg 東京都生まれ。1975年、東京造形大学絵画専攻卒業。町田市にアトリエを構えて30年近く。現在のアトリエに移ってから10年余りになる。78年、初個展。初期の頃は、シナベニヤや綿布に色彩を施した平面作品を発表。86年頃からは、鉄を素材とした立体作品を制作している。

non
絵画 山内勝 ----------やまうち・まさる[b.1935-]
yamauchimasasru-00.jpg 京都府生まれ。町田に移り住んで10年近くになる。住居兼アトリエは、見晴らしの良い高台にある。高校卒業後、ファッションデザイナーの道に進むが、子供の頃から好きだった絵の世界が忘れられず、仕事の合間を縫って作品の制作に励む。54年、19歳で瑛九が中心となって組織されたデモクラート展に油絵を出品。64年には初めての個展を開く。以後、作品を発表し続けるが、本格的な活動は退職後の60歳を過ぎてから。

non
絵画 八木原由美 ----------やぎはら・ゆみ[b.1950-]
yagiharayumi-00.jpg 東京都生まれ。1973年女子美術大学洋画科卒業。76年初個展(銀座・東和画廊)。以後、東京・大丸、大阪・そごう他、神奈川、茨城、兵庫、福岡で個展22回。81-86年日動画廊「現代の裸婦展」。2001年新作家美術協会会員になる。96年より版画制作。群馬版画家協会会員。

non
絵画 結城巧 ----------ゆうき・たくみ[b.1946-]
yuukitakumi-00.jpg 山形県生まれ。1970年東京芸術大学日本画科卒業。大学では岩橋英遠、平山郁夫に師事。71年第5回東方展に初出品(以後連続出品)。現在東方美術協会会員。

non
絵画 吉田馨都江 ----------よしだ・かずえ[b.1945-]
yoshidayoshie-00.jpg 1945年東京生まれ。成城学園を卒業後YMCAデザイン研究所で山田基稔に師事。デッサンと線画を徹底的に学び、さらに線画を基調としてケント紙に油彩で描く手法の指導を受けた。

non
絵画 安田義弘 ----------やすだ・よしひろ[b.1940-]
yasudayoshihiro-00.jpg 兵庫県出身。市内相原町在住。1966年、東京芸術大学大学院卒。学部、大学院を通じて山口薫に学ぶ。64年に第3回国際青年美術家展入選。72~2001年文化女子大学教授。01年国際コンテンポラリーアートフェスティバルに参加。76年から銀座みゆき画廊での個展を中心に作品発表を行っている。現在は無所属。

non
絵画 山本治 ----------やまもと・おさむ[b.1946-]
yamamotoosamu-00.jpg 兵庫県出身。1946年生。市内金森在住。73年東京芸術大学大学院修了。学部、大学院を通じて小磯良平に学んだ。大学院終了後渡伊。77年新制作展出品(86年まで)、87年昭和会賞展出品(89年も)。その他個展・グループ展多数。現在、立軌会同人。

non
彫刻 吉川陽一郎 ----------よしかわ・よういちろう[b.1955-]
yoshikawa-00.jpg 宮崎県生まれ。1980年、多摩美術大学彫刻科卒業。市内にあるアトリエは、元養鶏所だった建物を改造したもの。大学時代からの仲間たちと共同で使用するようになってから、25年以上が経つ。

non
版画 山野辺義雄 ----------やまのべよしお [b.1936--]
福島県出身。高校の頃、画家をこころざし、若松光一郎に師事した。東京芸術大学美術学部油絵科に入学。大学院に進み版画を専攻した。以後銅版画を中心に制作を進め、74年、スペインの第6回イビザ国際版画ビエンナーレで、5巻からなる《髭男と小人ノ国》がグランプリを受賞した。
non
版画 横山皓一 ----------よこやま・こういち[b.1944-]
yokoyamakouichi-00.jpg 鳥取県出身。68年日本大学芸術学部美術学科卒業。グラフィック・デザイナーから転身し、版画は利根山光人、大沢昌助に学んだ。81年、日本版画協会展に初出品し入選。91年協会準会員に推挙され、現在にいたる。神奈川国際版画アンデパンダン展には毎回出品。
non
絵画、彫刻 横尾茂 ----------よこお・しげる[b.1933-]
新潟県出身。絵の記憶を辿ると、小学校の担任が描いていた油絵の匂いであり、中学での美術の先生に絵を薦められことがあるという。53年に上京、働きながら56年文化学院美術科に入学、山口薫、佐藤忠良に学んだ。
町田市ウェブサイトへ 和光大学ウェブサイトへ
和光大学附属梅根記念図書館へ non